« 狂神ライガー | トップページ | G1 CLIMAX »

2010年8月 3日 (火)

プロレス論(超個人的)

近年プロレス界に勢いがない

理由は色々あると思う

まず団体が増えすぎた

団体が増えることで客も分散する

各団体も興行を成立させるために選手を補充する

選手の質も下がる

昔、新日と全日しかない時代なら

ありえないクオリティーの選手が量産される

練習をしない、華がない、危機感がない…

それによって確実に試合の質も下がる

悪循環だ

個人的には

団体は4つくらいでいいと思う

メジャー2団体

インディー2団体

それくらいに絞って

選手、試合のクオリティーを上げていって欲しい

何をしても応援してくれる

熱心なプロレスファンに甘えてる選手は

引退して欲しい

もしくはプロを名乗らず趣味でやって欲しい

リングは聖域

鍛え抜かれた、選ばれた者のみが立てる場所であって欲しい

選挙に出て

負けたら練習もせずにまたプロレスをやるようなクソな選手は

さっさと引退すべきだ

選手と試合のクオリティーアップ

それが早急な課題だと思う

« 狂神ライガー | トップページ | G1 CLIMAX »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1355182/36010736

この記事へのトラックバック一覧です: プロレス論(超個人的):

« 狂神ライガー | トップページ | G1 CLIMAX »